忍者ブログ

kumikumi

ハンドメイドに囲まれて時を忘れて生きてます、現在夫 オットーと 息子一人との3人で仲良く暮らしています。日々をそのまま 励みになるようにっと~ここずーと残していきたいな~

震災からもう3年

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

1. kumikumiさん

こんにちは^^*

↓お雛様お見事ですね。
すばらしい!!


あの3.11から3年早いとかんじるのかゆっくりと感じるのか?
ですね。まだ妹たちは仮設住まい。
どうなんでしょう・・・遠くにいるとやっぱり忘れるかな?!
でもまだ身近にいるから・・・そして被害をうけてなくなった人もいるから
忘れることはできないけど。
何にもできないもどかしさも感じたりはしたけれど。

まだまだ寒い日がありますね、お体ご自愛くださいね。


2. 無題

チャピさん お妹さんも震災に遭われたんですねお見舞い申し上げます、
福島の女川に知人の家族がいますが なかなか仮設から出られないようです、
どんどん歳は重ねるし 年より家族だし自宅を都合するにも
 不安は募るばかり原発のこともあるし 思い切るにはあまりに大きな決断ですよね。
お金に関することはシビアに 神経質になるのもわかります。

長生きするのは いかに喜ぶかかもしれません 幸せを多く手にするために趣味を大切に
 いいところを大切に いたわりあいたいです^。^

3. 無題

震災の日、横浜でも雪がちらつきました。
急に夕方真っ暗になって、少し気味が悪かったです。
夕方、クルマで出かけたときに、ガソリンを満タンにしたのですが、
それがあとで正解だったのを思い出しました。
次の日から、ガソリンスタンド渋滞があちこちで見られました。
もうすぐ3年目ですね。
あのときの不便さを忘れないよう、暮らしていかなければ・・と思っています。
・・・節電もこのごろしてないけど(^_^;)
被災された地域の方たちの復興は、早いと感じる方、
遅いと感じる方、両方いるみたいですね。
原発で家に戻れない人たちは、苛立ちの毎日でしょうね。
完全に復興するまでに何年かかるのか・・・
生活の復興もですが、心の復興には一生かかるでしょう・・・

4. 3年目のあの日

電線がまるでぴゅんぴゅんと鞭を振るているような音でうなり始めたのが 異変の始まりでした、あれから3年もう3年 やっこさんこんばんわ~~~いろんな人と出会いいろんな人がいなくなりました。時は移ろいとどまることを知りません。

昨日のことのようにも思える時もあるし のど元過てあれは夢だったのではないと思うほど
熱さが薄れていきますが決して忘れられるものではありません。
内陸は 平穏な日々が戻ってまいりました。幸い親族には被災者はいませんが~
当初は 保存食や飲み水の確保にだれもかれも工夫を凝らしていましたがね今ではそれも 賞味
期限切れに頭を傷めるようになってきています。
高台移転 家族がバラバラの生活から 痴呆が出始めてる高齢者も多々 多くの問題がいまだ未解決のまま 時間ばかりが 流れていきますね~
息子は時々 復興支援 歌なんか披露して友に楽しんでます。息子は昔バンドマンでした。あほだと思っとりましたが あほな人ほどかわいいです。今ではちょっとしたご当地タレントに風に~~~????

ただいまコメントを受けつけておりません。

震災からもう3年

あの震災からもう3年たつんだわー
あの日も寒い寒い 日で 分厚いコートを着て ガソリンの販売予約券を手にしたくてスタンドにならんだっけ 
三陸の復興は なかなか 思うようには進んでいないらしく 連日報道で被災者のの悲惨な現状が~
娘はもう2度とお雛さまを祝うことはありませんと~かわいそうではすまされんわな~

少し暖かさを感じてたここ2~3日だったのに また真冬の寒さ 道路に粉雪だっけかな さらさらと 跳ねるように踊るようにでも積もることはなく すぐに消えてくれるので やっぱり春はそこまで来てるのかも。
畑を眺めたり 薄い服を眺めては 気をよくしてたのに 空気が読めない今の季節はあたしみたいに気まぐれさんだぁ。

今日は一関の 次女ンちでお雛様の 形だけだけどケーキとコーヒーささやかにいただいてきました。
お土産は 3人の大好きな本 まんがです~一番ちっさなまごっこは今年1年生 になる お姉ちゃんと仲良く通ってくれると 上の時よりはかなりばーちゃまは安心してるよ。




拍手[0回]

PR

コメント

1. kumikumiさん

こんにちは^^*

↓お雛様お見事ですね。
すばらしい!!


あの3.11から3年早いとかんじるのかゆっくりと感じるのか?
ですね。まだ妹たちは仮設住まい。
どうなんでしょう・・・遠くにいるとやっぱり忘れるかな?!
でもまだ身近にいるから・・・そして被害をうけてなくなった人もいるから
忘れることはできないけど。
何にもできないもどかしさも感じたりはしたけれど。

まだまだ寒い日がありますね、お体ご自愛くださいね。


2. 無題

チャピさん お妹さんも震災に遭われたんですねお見舞い申し上げます、
福島の女川に知人の家族がいますが なかなか仮設から出られないようです、
どんどん歳は重ねるし 年より家族だし自宅を都合するにも
 不安は募るばかり原発のこともあるし 思い切るにはあまりに大きな決断ですよね。
お金に関することはシビアに 神経質になるのもわかります。

長生きするのは いかに喜ぶかかもしれません 幸せを多く手にするために趣味を大切に
 いいところを大切に いたわりあいたいです^。^

3. 無題

震災の日、横浜でも雪がちらつきました。
急に夕方真っ暗になって、少し気味が悪かったです。
夕方、クルマで出かけたときに、ガソリンを満タンにしたのですが、
それがあとで正解だったのを思い出しました。
次の日から、ガソリンスタンド渋滞があちこちで見られました。
もうすぐ3年目ですね。
あのときの不便さを忘れないよう、暮らしていかなければ・・と思っています。
・・・節電もこのごろしてないけど(^_^;)
被災された地域の方たちの復興は、早いと感じる方、
遅いと感じる方、両方いるみたいですね。
原発で家に戻れない人たちは、苛立ちの毎日でしょうね。
完全に復興するまでに何年かかるのか・・・
生活の復興もですが、心の復興には一生かかるでしょう・・・

4. 3年目のあの日

電線がまるでぴゅんぴゅんと鞭を振るているような音でうなり始めたのが 異変の始まりでした、あれから3年もう3年 やっこさんこんばんわ~~~いろんな人と出会いいろんな人がいなくなりました。時は移ろいとどまることを知りません。

昨日のことのようにも思える時もあるし のど元過てあれは夢だったのではないと思うほど
熱さが薄れていきますが決して忘れられるものではありません。
内陸は 平穏な日々が戻ってまいりました。幸い親族には被災者はいませんが~
当初は 保存食や飲み水の確保にだれもかれも工夫を凝らしていましたがね今ではそれも 賞味
期限切れに頭を傷めるようになってきています。
高台移転 家族がバラバラの生活から 痴呆が出始めてる高齢者も多々 多くの問題がいまだ未解決のまま 時間ばかりが 流れていきますね~
息子は時々 復興支援 歌なんか披露して友に楽しんでます。息子は昔バンドマンでした。あほだと思っとりましたが あほな人ほどかわいいです。今ではちょっとしたご当地タレントに風に~~~????

プロフィール

HN:
kumikumi
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
ハンドメイド
自己紹介:
ハンドメイドのお宝ちゃんに囲まれ

カテゴリー

P R

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[03/07 NONAME]
[03/06 やっこ]
[03/06 kumikumi]
[03/05 チャピ]
[03/03 kumikumi]

忍者カウンター